エゾシカが農作物や植林した木を食べてしまう農林被害や道路に飛び出したエゾシカが起こす交通事故が道内全域に広がり、その被害額が年間30億円に及ぶと言われ毎年増加傾向にあります。
北海道ではエゾシカ対策としてハンターなどによる個体数の調整が行われていますが、捕獲されたエゾシカの多くが廃棄処分となっているのが現状でした。道では官民一体でエゾシカの有効活用が推進され地域振興の新たな試みが始まりました。
資料提供・・・阿寒エゾシカ研究会
 エゾシカ肉による『阿寒ブランド』の取り組み
  阿寒の新たな食材
   1.エゾシカを取りまく状況
    ○減らない生息数
    ○鶏、魚に似た特性
   2.釧路市阿寒町を取りまく状況
    ○地域内での起業を
    ○域内循環による経済効果
    ○地域ぐるみで取組み

 低脂質で高タンパク・・・新たな地域資源
 『安心・安全・安定』な流通を支える一貫した供給システムを確立

 阿寒町 エゾシカ産業の流れ

 阿寒町取組概略


北泉開発では阿寒を走る国道240号線沿の社有地にエゾシカ牧場を建設し養鹿事業に取り組んでいます。
エゾシカ牧場は山の斜面地を利用し面積6ヘクタール、周囲1,000メートルを高さ2.8メートルの鉄製フェンスで囲み、牧場内には1ヘクタールの採草地、3ヘクタールのシラカバなどの天然樹木が自生する山林地、エゾシカの水飲み場にもなる大きな池がある湿地、1ヘクタールの平坦地で構成され牧場内には冬でも凍らない小川が流れエゾシカにとってのベストコンディションが確保されています。
エゾシカの確保
牧場内で飼育されているエゾシカは財団法人 前田一歩園財団が被害対策の一環として阿寒湖半の山林で餌付けしたエゾシカを囲いわなで生け捕りにした野生のエゾシカです。
肉質の安定
・牧場内で飼育されているエゾシカには牧草の他に甜菜(サトウダイコン)パルプ・フスマ・大麦・トウモロコシ等の餌を与えオールシーズン肉質の安定を確保しています。
・肉質安定のもう一つの要因は牧場内がより自然に近い環境にあり、エゾシカが身を隠せる森林があるためストレスを感じさせない工夫がされているためです。

北泉開発エゾシカ牧場の鹿は、道東初の1次処理(解体処理)から4次処理(商品開発)までおこなう
有限会社阿寒グリーンファーム 食肉加工センターで衛生的に解体処理から製品加工されています。

阿寒グリーンファームで衛生的に製品化された鹿肉は阿寒もみじ・北海道阿寒ベニソンとして全国に発信いたします。

商標登録第4976889号
「阿寒もみじ」はエゾ鹿森林保護基金への協力商品です。

           
「阿寒ベニソン」は北泉開発のエゾシカ牧場で大切に育てられたエゾシカにのみ使用される商標です。
☆2007年 8月〜高級鹿肉(もみじ肉)を使った「紅葉シチュー」発売開始
☆2008年 2月〜高級鹿肉(もみじ肉)を使った「紅葉丼」発売開始
 
財団法人 前田一歩園財団
社団法人 エゾシカ協会
ショップ北海道 アルファシステム

当社は日本初のエゾ鹿牧場の運営から食肉加工まで一貫して行っております。

北泉開発直営【エゾ鹿肉の阿寒もみじ本舗】

 

〔製造元〕
有限会社 阿寒グリーンファーム
食肉加工センター

釧路市阿寒町新町1丁目5番地12号
рO154−66−2755
有限会社 阿寒グリーンファームは北泉開発株式会社のグループ企業です。
〔販売元〕
北泉開発株式会社
釧路市阿寒町中阿寒18線38番地1
рO154−66−3508

北泉開発株式会社 HOMEへ